スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

「英検一級に必ず出る英単語922と英熟語597」っていう本をゲットしました。タイトルだけで凄く鬱になります、合計で1519ですよ。んなにいらねぇっつーの。

2007.04.23 (Mon)
クエーサー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クエーサー (Quasar) は、光学望遠鏡では恒星のような点光源に見えるが、非常に大きな赤方偏移を持っている天体。クエーサーという呼称は quasi-stellar object(準恒星状天体)に由来し、日本語でも準星などと呼ばれていた。一般的には、この大きな赤方偏移はハッブルの法則による宇宙論的効果であると考えられており、このことから、クエーサーは非常に遠方にあって通常の銀河数十個分のエネルギーを放出していると考えられている。

クエーサーの中には明るさが急激に変化しているものがある。これはクエーサーの本体が非常に小さいことを示唆している。(天体の明るさが変化するタイムスケールは、光がその天体の端から端まで横断する時間よりも原理的に短くなれないため、変光のタイムスケールから逆に天体のサイズを見積もることができる。)

2003年現在で最も赤方偏移 z の大きいクエーサーは z = 6.4 である[1]。もしこれより遠くにクエーサーがあれば容易に見つかっているはずなので、我々人類は宇宙に存在する最も遠いクエーサーを観測しつつあるのかもしれない、と考えられている。言い換えればこれは、現在観測されている最遠の(すなわち最古の)クエーサーこそが銀河形成期の最初の天体ではないか、ということを意味する。つまり、最初のクエーサーが現れる時期は、宇宙マイクロ波背景放射が放たれた後、観測可能な天体が何も見つからない暗黒時代の終わりを示しているということである。


今聞いてる曲は
BUMPの『ロストマン』


はぁあ



















休みも終わりか
スポンサーサイト
【編集】 |  14:51 |  可も無く不可も無く( ゚Д゚)y-~~  | トラックバック(1) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
赤方偏移「赤方偏移」はドップラー効果のみで起こるわけではないと思います。どなたか詳しい人、補筆・訂正をお願いします。 07:39 2003年11月7日 (UTC)違います。ドップラー効果のみです。音波、光波など、あらゆる波で起こる物理現象です。重力による「赤方偏移」もある
2007/07/27(金) 14:30:27 | 天文・宇宙を知る
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。